山梨県 ガソリンスタンド施工

今回は経年劣化した床面の改修事例です。

施工現場 :山梨県 ガソリンスタンド 外部クラック補修

依頼内容 : 床面の欠損、ひび割れに対する補修

工事内容 :レッドコートRG-C工法、レッドコートRG-M工法

施工内容の説明

今回使用する塗料は レッドコートRG レッドコートRG-M です。

レッドコートRG/RG-Mとは・・・

主に屋外の

・耐荷重性が求められる箇所
・短時間しか店舗の稼働を止められない場所
・解放後すぐに車両通行を可能にしたい
・ひび割れの箇所だけを補修したい 


等の条件が求められる場所に施工する塗料です。

施工前の状況

今回は経年劣化したコンクリートクラックに対して施工を行います。

コンクリートは車両通行などの押さえつけられる強さは非常に強いのですが、引っ張られる力にはとても弱いという性質があります。

長年使用していると誘発目地を入れる等の対策をとっていても、地震や温度変化による収縮でどうしてもひび割れが起こってしまいます。
今回はガソリンスタンドに対するひび割れ欠損補修について書いていきたいと思います。 

 

私たち愛知レジンは ひび割れ 欠損 段差補修 等各種改修工事を得意とした企業です。

      • 下地処理機械の選定 (保有機械業界No.1)
      • プライマーや塗料の選定 (自社開発塗料有り)
      • 下地の状態や晒される環境に対応した工法の選定 (大手企業様実績多数)
      • 短工期での施工が可能

塗装がすぐに剥がれてしまう事でお悩みの方は弊社にぜひご相談ください!

②下地処理

■10mm幅カッター処理(使用機械:ハンドグラインダー)

・10mm幅カッター処理
をクラックの位置に合わせて行っていきます。5mm幅等他のサイズの刃もあるのですが、耐久性を考慮すると幅を持たせたほうが施工後長持ちするので弊社では10×10mm幅での施工を行っております。

今回はクラック補修でしたので『研磨』での処理でしたが、床面の改修を場合は基本的に研削以上での下地処理をお勧めします。
下地処理を正しく行う事で塗料の接着性が格段に上がり、塗装が長持ちします。
塗料の種類や下地の状況にもよりますが、基本的には
下地処理を行わずに表面のゴミを除去する程度で塗装すると塗料が短期間で剥離する原因になります。

塗装業者が機械を保有していない場合もありますので床面の塗装を業者依頼する際には、下地処理について一度確認してみる事をお勧めします

③プライマーの塗布

プライマーを刷毛やローラーを用い塗布します。
塗布する事により、接着性が向上し塗装がより長持ちします。
プライマーの吸い込みが激しい場合は効果が薄れてしまうので、プライマー乾燥後に再塗装を行います。

④ベースコート

レッドコートRG レッドコートRG-Mを金鏝を用い塗り広げていきます。
欠損が大きい箇所には
RGをクラック補修を行う箇所はRG-Mを打設します。
基本的にどちらも荷重に対する耐久性を有しているのですが、

RG  は耐摩耗性と耐荷重性
RG-Mは追従性が特に優れています。

⑤トップコート塗布

  • 刷毛、ローラーを用いトップコートを2回塗布します。
  • 耐候性の付与
  • 色ムラをなくす効果
  • 美観性の向上

等の効果があります。

⑥施工完了

工事や塗料のことで、ご質問・ご相談ありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ!
高機能樹脂を取り扱った塗床工事・床塗装、防塵塗装をご検討中の方は、ぜひ弊社にご相談ください。 こちらでは、エポキシ樹脂・硬質ウレタンなど、耐久性に優れた塗装 工事を行っています。 弊社の所在地は愛知県にございますが、名古屋、三重、神奈川、横浜、東京、埼玉、千葉など幅広く対応しており、これまで多くのお客様のご要望に応えて参りました。 私たちの技術が皆様のお役に立てるよう徹底的にサポートいたしますので、ご依頼のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせ

【営業時間】9:00 〜 17:00

インスタはこちら

メニューを閉じる