神奈川県 バス営業所 マンホール付け替え工事

今回は『ひび割れ・陥没』に悩まされていた、マンホールの補修工事です。
ひび割れ・陥没・欠損等状況は様々ですが、激しい負荷がかかる場所はただ塗装を行うだけでは、すぐに割れてしまいます。
施工箇所に合わせた下地処理と工法で工事を行う事で、長期的に床面を保護することが可能になります。
今回は周囲の劣化したコンクリートを除去し、レッドコートARD工法で施工を行いました。

施工現場 : 神奈川県バス営業所

依頼内容 :マンホールの取り換え・劣化個所の撤去・陥没対策

工事内容 : マンホール撤去後、新規マンホールの設置

施工内容の説明

■施工前の状況

大型バスが頻繁に通行する場所で、繰り返し荷重による負荷がかかる事で部分的に陥没。マンホールを中心にひび割れが蜘蛛の巣状に広がっています。

下地処理

■端部カッター処理

■ハツリ

端部にカッター処理を行い、施工範囲を確定させ、マンホールの周囲を削ります。

■下地処理完了

下地処理完了です。 劣化していた箇所を撤去し古いマンホールの撤去を行いました。
簡易的に表面を傷付け補修を行う事も可能なのですが、基本的にモルタル系統の塗料を打設する際は、塗料を厚付けする事で強度が保たれます。
下地がしっかりしている場合は、塗料の種類によっては薄塗りで補修を行う事も可能なのですが、経年劣化して内部が割れている場合や負荷が激しい場所は同じマンホールを設置する場合でも
しっかり下地処理を行い塗装を行う事を推奨いたします。

プライマー

■プライマー塗布

下地処理と清掃が完了後、ローラーや刷毛を用いプライマーの塗布を行います。

プライマーを塗布する目的は
  • 下地と塗料の接着性の向上
  • ピンホール(塗装時に下から出てくる空気等の影響で穴が開く事)対策

等が挙げられます。

今回はレッドコートRGプライマーを使用
  • 対応温度外では硬化しない(-10℃~35℃)可能性がある。
  • 薄く塗りすぎると硬化しない可能性がある。
等の注意点があり、これらを意識し塗装を行います。

レッドコートRG打設

■下塗り

レッドコートRGを用い塗装

  • 特に高低差が激しい場所の勾配調整
  • 欠損部の補填
  • 簡易的な勾配調整

を行います。

■下塗り完了

■強化繊維の貼り付け

下塗りが硬化したことを確認後、強化繊維の貼り付けを行います。
強化繊維を張り付けることで強度が向上し、塗装を長持ちさせる事ができます。
 

■上塗り

下塗りが硬化したことを確認。 金鏝を用いレッドコートRGで上塗りを行います。

■上塗り完了

トップコート

■トップコートの塗布

レッドコートRGトップコートを2回塗布し施工完了です。

施工完了

■施工完了

■施工箇所拡大図

今回使用した塗料はグレーでしたが、カラーバリエーションも豊富で、ノンスリップや平滑化などの機能のバリエーションも複数あります。

赤文字の塗料は愛知レジンオリジナル塗料です。
販売も可能ですので、是非、お問い合わせくださいませ。
工事や塗料のことで、ご質問・ご相談ありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ!
高機能樹脂を取り扱った塗床工事・床塗装、防塵塗装をご検討中の方は、ぜひ弊社にご相談ください。 こちらでは、エポキシ樹脂・硬質ウレタンなど、耐久性に優れた塗装 工事を行っています。 弊社の所在地は愛知県にございますが、名古屋、三重、神奈川、横浜、東京、埼玉、千葉など幅広く対応しており、これまで多くのお客様のご要望に応えて参りました。 私たちの技術が皆様のお役に立てるよう徹底的にサポートいたしますので、ご依頼のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせ

【営業時間】9:00 〜 17:00

インスタ投稿はこちら

メニューを閉じる