愛知県 ガソリンスタンド 屋外段差補修工事

今回は『大型車両による陥没・欠損』に悩まされていたガソリンスタンドの改修工事です。
段差が5mm程度ならそんなに気にならないかもしれませんが2cm,3cmと高低差が出てくると通常の歩行時に転倒する可能性や車両走行を行う際にストレスを感じる上に、事故のリスクも高まります。

段差が発生する原因として・・・

  • 大型車両による重歩行が原因で地面が陥没してしまう
  • 経年劣化による欠損で部分的に段差が発生する

等が挙げられます。
今回の現場も上記の2点が主な原因だと思われます。今回はレッドコートRGを用い施工を行いました。

施工現場 : 愛知県ガソリンスタンド

依頼内容 : アスファルトの段差修正/ひび割れ補修/耐久性の向上

工事内容 : 段差補修

施工内容の説明

■施工前の状況

大型車両が頻繁に通行する場所で、繰り返される荷重による負荷によって部分的な陥没や欠損が見られます。
ひび割れが起こり剥離している箇所とその周囲を全て撤去し、補填を行ってから塗装し仕上げます。

下地処理

■カッター処理

ひび割れが起こっている箇所の周囲にカッター処理を行い、施工範囲を確定させます。

■劣化した下地の撤去

重機を使用し、カッター処理を行った範囲のアスファルトの撤去を行います。

配筋

■砂利を敷き、転圧処理

劣化したアスファルトを撤去後、砂利を敷き詰め専用の機械で転圧を行います。
転圧は空気を押し出し隙間を埋めることによって隙間を小さくし、粒子同士をしっかり接触させる効果があります。

■ワイヤーメッシュ設置

転圧が終わったらワイヤーメッシュを配置します。
ワイヤーメッシュを挿入することでコンクリートが引っ張られる力に強くなり、強固な下地を形成することができるようになります。

速乾性モルタルの打設

ワイヤーメッシュの設置が終わったら速乾性のモルタルで下塗りを行います。

下地処理

■カッター処理

■研磨処理

速乾性のモルタル硬化後、レッドコートRG Type-Aを打設する前にもう一度下地処理を行います。
カッター処理を行うことでアンカー効果を持たせ、表面の研磨を行い傷をつけることで塗料の接着性を向上させます。

プライマー塗布

■プライマー塗布

モルタル層硬化後、ローラーや刷毛を用いレッドコートウレタンプライマーの塗布を行います。

上塗り

金ゴテを用いレッドコートRG TYPE-Aを用い塗装
  • 細かい高低差調整
  • 施工範囲の平滑化
を行います。

トップコートの塗布

■トップコートの塗布

トップコートを2回塗布し施工完了です。

トップコート塗布後、1時間程度で車両走行可能です。
今回はブラックで仕上げでしたが、カラーバリエーションが豊富にあるため、ご希望の色で仕上げることが可能です。

赤文字の塗料は愛知レジンオリジナル塗料です。
販売も可能ですので、是非、お問い合わせくださいませ。
工事や塗料のことで、ご質問・ご相談ありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ!
高機能樹脂を取り扱った塗床工事・床塗装、防塵塗装をご検討中の方は、ぜひ弊社にご相談ください。 こちらでは、エポキシ樹脂・硬質ウレタンなど、耐久性に優れた塗装 工事を行っています。 弊社の所在地は愛知県にございますが、名古屋、三重、神奈川、横浜、東京、埼玉、千葉など幅広く対応しており、これまで多くのお客様のご要望に応えて参りました。 私たちの技術が皆様のお役に立てるよう徹底的にサポートいたしますので、ご依頼のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせ

【営業時間】9:00 〜 17:00

インスタ投稿はこちら

メニューを閉じる