静岡県 製紙工場 ミラーコンクリート工法 

今回は経年劣化した床面の改修事例です。

施工現場 :静岡県 製紙工場 コンクリートの表面劣化

依頼内容 : 床面の耐久性の向上・平滑化 目地のシーリング

工事内容 :ミラーコンクリート工法によるコンクリート再生

施工内容の説明

■今回使用する工法は・・・ミラーコンクリート工法です。

ミラーコンクリート工法とは・・・

既存のコンクリートなどの下地の表面を強化剤を用い研磨し、下地の密度を上げる事で下地自体の耐久性を向上させ、汚れが付きにくくする工法のことです。

・塗装ではないため、塗料がはがれる心配がない
・床面のメンテナンスの簡易化が可能
・汚れが付きにくい

等の特徴があります。

施工前の状況

施工を行うのは、コンクリートを打設する際に仕上げの工程が行えず、表面がガタガタになってしまっているコンクリートです。

  • 表面の凹凸が激しい
  • 耐久性が通常コンクリートよりも低い状態
  • ほこりが発生しやすい

等のデメリットが現状発生しています。今回はそれらのデメリットをミラーコンクリート工法を用い改善していきたいと思います。

私たち愛知レジンは

  • 下地処理機械の選定 (保有機械業界No.1)
  • プライマーや塗料の選定 (自社開発塗料有り)
  • 下地の状態や晒される環境に対応した工法の選定 (実績多数)
  • 短工期での施工

が可能です!
床面の劣化や塗装がすぐに剥がれてしまう事でお悩みの方は弊社にぜひご相談ください!

工程について

※面積と磨き上げの程度により研磨の回数と工期は前後します。

下地処理

■研磨処理
(使用機械:PG-600)

■研磨処理
(使用機械:ハンドグラインダー)

・強度が低い部分の除去
・凹凸が激しい場所の平滑化
・端部の段差修正

を行っていきます。
施工範囲の主要部はPG-600を使用し、端部の大型機械で対応不可能な場所はハンドグラインダーを使用し研磨を行います。

■使用する機械の特徴
(使用機械:PG-600)

遊星回転の効果とは・・・

 

通常の研磨機は1方向にしか回転しないのですが、遊星回転に対応している機械の場合、主軸の盤と刃が取り付けてある盤が逆方向に回転する事で床面をより平滑に仕上げます。

■研磨処理(刃:スーパーダイヤ#80)
(使用機械:PG-600)

強化剤を塗布しながら塗布面と非塗布面を交互に研磨します。
遊星回転対応の機械を使用し研磨することで高い部分を削り落とし、
削れたコンクリートと強化剤が混ざり合う事で低い部分の補填を行い、下地を平滑に研磨する事を可能にしています。

トップコート塗布(2回塗布)

 
施工面全体にトップコートの塗布を行います。
1度目の塗布では下地がトップコートを吸ってしまう為、2度塗装を行います。

仕上げ研磨

 
トップコート硬化後にもう一度研磨を行います。
使用する機械や刃は予定している仕上げの番手によって異なります。

■使用する刃の種類

 

こちらに表示しているものは全体の一部になりますが、番手が低いものから徐々に高いものに上げながら研磨し床面を仕上げます。

施工完了

 

こちらに表示しているものは全体の一部になりますが、番手が低いものから徐々に高いものに上げながら研磨し床面を仕上げます。

施工フロー

■①施工前

■①施工前

■③研磨処理後

■②下地処理後

■②下地処理後

■④施工完了

■③研磨処理後

■④施工完了

他の施工例

工事や塗料のことで、ご質問・ご相談ありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ!
高機能樹脂を取り扱った塗床工事・床塗装、防塵塗装をご検討中の方は、ぜひ弊社にご相談ください。 こちらでは、エポキシ樹脂・硬質ウレタンなど、耐久性に優れた塗装 工事を行っています。 弊社の所在地は愛知県にございますが、名古屋、三重、神奈川、横浜、東京、埼玉、千葉など幅広く対応しており、これまで多くのお客様のご要望に応えて参りました。 私たちの技術が皆様のお役に立てるよう徹底的にサポートいたしますので、ご依頼のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせ

【営業時間】9:00 〜 17:00

インスタはこちら

メニューを閉じる