静岡県 某製造工場 高防滑工法

今回はアスファルト舗装面の安全通路対策。パレット置き場と歩行帯を明確にする為の改修事例です。

施工現場 : 静岡県製造工場

依頼内容 : 屋外のアスファルトの安全対策・高防滑化

工事内容 : 屋外通路SS工法による施工

施工内容の説明

■レッドコートRG SS工法

レッドコートRG-SS工法は
超速乾性の樹脂とセラミック骨材を使用した高防滑仕様です。
アスファルト下地若しくはコンクリートに接着し、トラックや重機、フォークリフト等の重歩行に対応し、且つ短工期で強靭な塗膜を形成する工法です。

■施工前の状況

一般的なアスファルト舗装です。
墨出しを行い、施工範囲全面に研磨処理を行います。

■端部のカッター処理

施工端部に下地処理機を用い、カッター処理を行います。
端部に溝を作る事でアンカー効果により端部の接着性を増加させることができます。

■下地処理

  • 部分的に高くなってしまっている箇所
  • 端部の擦り落とし
  • 大型機械が入らないような場所

上記のような場所に関してはハンドグラインダーで下地処理を行います。

下地処理完了です。
全面下地が白くなるまで研磨を行い、部分的に高い所を擦り落としました。

■プライマー塗布

下地処理と清掃が完了後、ローラーや刷毛を用いプライマーの塗布を行います。

プライマーを塗布する目的は

  • 下地と塗料の接着性の増加
  • ピンホール(塗装時に下から出てくる空気等の影響で穴が開く事)対策

等が挙げられます。

今回はアスコン用プライマーを使用

塗り残しが無いよう意識し、刷毛・ローラーを用い塗装を行います。

■塗装完了

■下塗り

レッドコートSS工法用樹脂を用い塗装

  • 勾配調整
  • 欠損部の補填

を行いながら全面塗装します。

■骨材散布

ベースが固まってしまう前に骨材の散布を行い、下地に骨材を接着させます。
SS工法では他の仕様と比べ、大量に骨材を散布します。

■骨材散布完了

■トップコート塗布(1回目)

レッドコートRGトップコートで上塗り(1回目)を行います。
3色塗り分けなので、端部がはみ出さないよう意識しながら塗装を行います。

■トップコート塗布(2回目)

レッドコートRGトップコートで上塗り(2回目)を行います。
骨材が多い場合、凹凸により細かい塗り残しが起こりやすいので1度目以上に塗り残しが起きないよう意識しながら塗装を行います。

■施工完了

速乾性の塗料なのでトップコート後1時間ほどでフォークリフト等での走行が可能です。他のカラーバリエーションや防滑の程度も多種あります!

赤文字の塗料は愛知レジンオリジナル塗料です。
販売も可能ですので、是非、お問い合わせくださいませ。
工事や塗料のことで、ご質問・ご相談ありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ!
高機能樹脂を取り扱った塗床工事・床塗装、防塵塗装をご検討中の方は、ぜひ弊社にご相談ください。 こちらでは、エポキシ樹脂・硬質ウレタンなど、耐久性に優れた塗装 工事を行っています。 弊社の所在地は愛知県にございますが、名古屋、三重、神奈川、横浜、東京、埼玉、千葉など幅広く対応しており、これまで多くのお客様のご要望に応えて参りました。 私たちの技術が皆様のお役に立てるよう徹底的にサポートいたしますので、ご依頼のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせ

【営業時間】9:00 〜 17:00

インスタはこちら

メニューを閉じる