塗り床の臭いが気になる場合は?
剥がれる理由や滑りにくくする対策・施工時間

塗り床の工事の際には臭いが気になったり、今後の剥がれを不安に感じたりするなど、あらゆるトラブルや悩みがつきものです。業者に依頼して塗り床の工事をしてもらう際には、これらの悩みについてはどういった対策があるのか、あらかじめ整理しておきましょう。

今回は、塗り床の臭いが気になって困ったときの対処法や剥がれなどの劣化が起こる原因、そして滑りにくい床にしたいときの対処法や塗り床の施工時間をご紹介します。

塗り床における悩み:臭いが強い・気になるときはどうする?

strong odor

塗り床の工事を業者に相談する際は、まず塗り床における様々な悩みに目を向けておくことが大切です。塗り床は施工の際に、臭いが気になってしまうことが意外と多く、これは塗り床工事でよくある悩みだといえるでしょう。

塗り床工事で臭いが気になってしまうのではとお悩みの場合はどのような点を注意すればよいのでしょうか?

塗り床工事を行う際に発生する臭いですが、塗装の際に発生するものが大部分を占め、塗料が硬化するとほとんど残ることはありません。

そのため臭いが気になる場合は、施工時に発生する臭いに対しての対策が必要となります。

対策として挙げられるのは、

  • 臭いの少ない塗料を選ぶ
  • 休日など、周囲に従業員がいない状態で塗装を行う
  • 施工時は扉や窓を開放し、送風機などで風を送る

主に上記の3点です。

臭いが強い塗料を使用する場合、特に食品工場では大きなデメリットとなるでしょう。せっかく周囲を衛生的に保っていたとしても、塗り床から塗料の臭いがすれば、その臭いが食品に付着してしまうことが考えられます。

そのような事態を招かないようにするために、食品工場で使用する塗料は低臭の物を採用することをおすすめします。

低臭の塗料は臭いの発生が少なく、工事を施してもそこまで臭いを強く感じることはありません。

また、きつい臭いを発生させる塗料を使用する際は、そこで働く従業員の体調面にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

臭いが気になって作業効率が落ちる、体調不良に陥るなどリスクを回避するために、休日など、周囲に従業員がいない状態で塗装を行うことを推奨いたします。

塗り床工事で臭いが気になるときは、事前に塗料の臭いについて業者に確認後、対策を取り工事を行うとよいでしょう。

塗り床が剥がれる…その理由とは

peels off

塗り床は、しっかりと工事を施していた場合でも、途中で剥がれなどの劣化が目立つようになることもあります。では、塗り床が剥がれてしまうのにはどのような原因が考えられるのでしょうか。よくある原因として挙げられるのは、以下の4つです。

  • 塗膜厚の薄さ
  • 塗料が使用環境に適していない
  • 下地コンクリートの収縮による塗膜のひび割れ
  • 衝撃や荷重による塗膜の欠損や剥離

塗床で使用する塗料は基本的に塗膜が厚くなるほど耐久性が増加する特徴があるため、塗膜が薄い状態だと外的なダメージにより、床の塗装が劣化しやすくなります。特に床は耐久性が求められる箇所になるため、十分に塗膜の厚みが確保されていることが重要だといえるでしょう。

また、お湯の飛びはねやこぼれなどが原因となっているケースもあります。塗料によっては耐熱性に弱いものもあるため、そういった塗料が使われていると、工場や厨房内で飛びはねたりこぼれたりしたお湯によって、剥がれなどの劣化につながることが考えられるでしょう。そのような事態を避けるために、使用目的に合わせて耐熱性の高い塗料や伸縮性の高い塗料で塗装を行う必要があります。

滑りにくい床にしたい!防滑性重視の塗り床は業者へ相談

塗り床工事を業者に依頼するときは、防滑性、つまり滑りにくさを重視したいという場合もあるでしょう。滑りやすい床は作業中の重大事故につながる可能性があるため危険が多いです。

防滑性重視で床の塗装をメンテナンスしてもらいたい場合は、防滑性に優れている床材で工事を行ってくれる業者を見つけて依頼するのが一番です。床の塗装工事をメインで行っている業者であれば信頼性は高く、もちろん滑りにくい床の工事にも対応しているでしょう。

塗り床業者に依頼すれば滑りやすい床の状態も解決する可能性が高いため、まずは業者への相談を積極的に行っていきましょう。

塗り床の施工時間はどれくらい?面積次第ではすぐ終わることも

塗り床工事を依頼するにあたってやはり気になるのは、実際に依頼した場合にどれくらいの時間で仕上がるのかという点です。重要な作業場の塗り床の場合、ラインをいったん止めて工事を施さなければならないこともあるため、業務に大きな支障が出る可能性もあります。そのため、施工時間の目安はある程度知っておきたいところでしょう。

結論からいうと、塗り床工事にかかる時間は面積次第で変わります。ただし、一般的には1~3日ほどの時間で仕上がることが多いです。早ければ1日もかからずに終わることもあります。いずれにしても作業できないのは困る…というときには、業者に前もって相談しておきましょう。相談次第では、時間外に塗り床工事を実施してくれることもあります。

塗り床工事についてのご相談は実績豊富な愛知レジンへ!

業者に塗り床工事を依頼する場合は、塗料の臭いや滑りにくさなどの性能、施工時間などが気になるところでしょう。業者に直接聞くのも重要ですが、事前に大まかな知識を持っておくことも重要です。

愛知レジンでは、塗り床の工事依頼を随時承っております。大手企業様との豊富な取引実績による安心感の高さ、丁寧な対応が強みです。塗り床や床の劣化部分修復工事などお困りの際には、愛知レジンへぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

塗床業者をお探しなら株式会社愛知レジンへ

会社名 株式会社 愛知レジン
住所
  • 【本社】〒454-0921 愛知県名古屋市中川区中郷2丁目52
  • 【関東営業所】〒339-0008 埼玉県さいたま市岩槻区表慈恩寺978−1 エムズJHSセンター
  • 【第二倉庫】〒454-0921 愛知県名古屋市中川区中郷2丁目117
  • 【三河倉庫】〒444-0806 愛知県岡崎市緑丘1丁目27−2
電話番号
FAX番号
  • 【本社】052-351-4612
  • 【関東営業所】048-884-8243
  • 【三河倉庫】0564-54-6622
MAIL info@aichi-resin.com
WEB URL https://aichi-resin.jp
メニューを閉じる