部分で劣化する

塗料やモルタルは打設直後はとても状態が良いですが、使用しているうちに日々劣化が進んでいきます。
同じ時期に塗装した塗膜でも
頻繁に使用する箇所は部分的に薄くなる事や欠損・ひび割れが発生しやすくなります。
経年劣化の状態として・・・

・変色や色あせが始まる
     ↓
・ひび割れ等が発生する
     ↓
・欠損や塗膜の剥離が起こる
     ↓
・塗装の機能が薄れ、段差の発生や下地の腐食が激しくなる

等の状況を招きやすくなってしまいます。
こちらではそれらの改修方法をご紹介いたします。

弊社がおすすめする改修方法はこちらです

状態がひどくなる前に部分的に補修

■状態が悪い箇所を部分的に補修する方法です。
損傷が激しい部分のみ補修を行う事は可能なのですが、塗料の種類によっては部分補修向きではない物も存在増します。
こちらでは、部分補修の工事例を紹介させて頂きます。
メニューを閉じる