取扱業務

ミラーコンクリート工法

ミラーコンクリート工法

ミラーコンクリート工法とは、床面研削・研磨機、強化剤を用いて、コンクリ-トを鏡面に磨き上げる工法のことです。
表面強度と密度を高めることで耐磨耗性・耐久性を向上させ、美観的も優れた光沢のあるコンクリートフロアを実現します。

【適応場所】物流倉庫、各種工場床、厨房等

コンクリート下地で床の状態が良い場合

STEP 01

表面を簡易的に削ります
表面を簡易的に削ります

STEP 02

欠損部やクラックに、補修材の塗布・研磨を行います
欠損部やクラックに、補修材の塗布・研磨を行います

STEP 03

その上から強化剤を浸透させ、さらに繰り返し研磨を行います
その上から強化剤を浸透させ、さらに繰り返し研磨を行います

STEP 04

トップコートの塗布
トップコートの塗布

STEP 05

最終、仕上げ研磨を行い、光沢のあるコンクリートフロアが完成
最終、仕上げ研磨を行います

STEP 06

光沢のあるコンクリートフロアが完成
光沢のあるコンクリートフロアが完成

ミラーコンクリート工法の施工動画

利点

  1. 強化剤の塗布・研磨により、床面の表面の密度が高まることで強度が増し、優れた美観と耐摩耗性を発揮します
  2. 密度が高くなった床面は汚れが着しにくく、モップの水拭き等で汚れを除去できる為、清掃を簡易にします
  3. 照明を床面が反射する事により部屋全体が明るくなります
メニューを閉じる