不具合の種類から選ぶ

厨房が不衛生

厨房や食品工場等経年劣化や表面的なひび割れ、部分欠損が発生した場合・・・
一見あまり問題がなさそうに見えても、内部的な腐食が発生しています。
そのまま放置すると腐食が進み、のちに工事を行う際に金額がかえって高くなってしまうという事態が発生してしまいます。
こちらでは耐熱性・耐薬品性・耐衝撃性に優れた厨房向けの塗料と工法を紹介します。

段差・陥没が発生

段差や欠損が発生した場合・・・
車両走行に支障をきたす事や歩行の際に転倒による怪我を負うリスクが高まります。
段差をなくしたいが、発生する費用と工事期間に不安がある。
こちらではその様な悩みを解決する塗料と工法を紹介します。

すぐに割れる/剥がれる

『何度塗装を行ってもすぐに剥がれてしまう』という話をよく伺います。
負荷が激しい場所はその原因に合わせた工法や塗料の選定を行わないとすぐに割れてしまいます
こちらでは耐久性に優れた塗料と工法をご紹介します。

ひび割れが発生する

コンクリートは車両走行等の押さえつけられる力に対する耐性は高いですが、引っ張られる力に弱いという特性があります。
季節の移り変わりによる水分量や温度の変化・地震等の収縮でひび割れが発生し、その箇所に繰り返し負荷がかかることで部分欠損や陥没が発生してしまいます。
こちらではその様な悩みを解決する塗料と工法をご紹介します。

油による腐食

油による腐食小さい欠損やひび割れから下地に油が浸透する事で発生します。
腐食が起きた個所は塗料が接着しにくいため、できる限り油の除去を行わないと塗料の塗布やモルタルを打設することができません。
こちらでは油による腐食を解決する塗料と工法をご紹介します。

薬品による腐食

薬品等の酸やアルカリに晒される場所はかかる負荷が激しい為、一度腐食が始まると一気にボロボロになってしまいます。
こちらでは薬品に耐性のある塗料と工法をご紹介します。

部分的で劣化する

塗料やモルタルは打設直後はとても状態が良いですが、使用しているうちに日々劣化が進んでいきます。
同じ時期に塗装した塗膜でも頻繁に使用する箇所は部分的に薄くなる事や欠損が発生しやすくなります。
こちらではそれらの補修方法を紹介いたします。

ピット/地下ピットの劣化

地下ピットは塗膜の劣化した箇所から徐々に亀裂が広がり本来の防水や耐薬品層の役割を果たせなくなってしまいます。
こちらでは耐熱性・耐薬品性・耐衝撃性に優れた厨房向けの塗料と工法を紹介します。

屋上防水/屋根の漏水対策

屋根の形状は様々ですが、経年劣化が進むと漏水が起こり、雨漏りなどの原因になります。
その様な悩みを解決する塗料と工法をご紹介します。

壁面の劣化/天井の剥落

打ち継ぎ目地や既存建造物と増築箇所の間に走る目地等は、
非常に高い衝撃・摩耗・荷重等の負荷がかかる為、何度塗装を行っても直ぐに破損
してしまいます。
その様な悩みを解決する塗料と工法をご紹介します。
メニューを閉じる