塗床(ぬりゆか)屋 ≒ ペンキ屋さんではありません

塗床(床塗装)と壁の塗装屋さんの違いを理解されていますでしょうか?
中には、ペンキ屋さんと同様で『床にペンキを塗るだけ・』と思われていませんか?
実は大きく違います。
床面の塗装は『衝撃』・『摩擦』・『水』・『油』など厳しい環境下に晒されることが多々あります。その為、床の補修はそのような状況に耐えうる性能を持たせるために、使用環境下に応じた塗料の種類や厚みを選定し、 床面の状況に応じた工事を行わなければなりません。

様々な使用環境・使用用途別に開発された床専用塗料を現在の劣化状況に応じた下地処理・工程を踏み、床面に塗り広げて行く事を『塗床』と言います。

長年多くのお客様のニーズに応えてきた床塗装専門業者が私たち愛知レジンです。

塗床の機能性

塗床・床塗装を施工する
目的と効果

塗床(床塗装)はコンクリートやアスファルトなどの床面からホコリが立たないようにする目的から床面の劣化防止、補強効果まで職場の安全且つクリーンな環境を作り出します。

例えば、フォークリフトや AGV(自動走行車)が頻繁に往来する工場などは耐久性のある床、精密機械製造工場では微細な粉塵、静電気防止の床、食品工場では熱湯、洗浄液等の薬品に耐えうる床、など職場の環境により求める床は違うのです。

目的別に塗料の選定を行い、美観性だけではなく、耐水性、耐摩耗性、耐衝撃性、耐油性、耐酸性、耐アルカリ性、防滑性、耐熱性など、職場環境による劣化原因に対応する塗料を選定する事で高い安全性をより長い期間保つことが出来ます。

施工箇所は工場、店舗

塗床(床塗装)は自動車など工業製品を扱う精密機器の製造工場から、
食品工場、飲食店の厨房、薬品工場まで
幅広く対応することができ、新築物件はもちろん、
改修工事にも対応することができます。

また、弊社では、この塗床(床塗装)の技術を活かし、
防水工事、防蝕工事なども、行なっております。

床や屋上のさまざまなお悩みには、
東京をはじめ、関東から関西、中国エリアまで実績豊富な
私たち 株式会社愛知レジンまで、ご相談ください。
下地処理から 仕上げまで多彩な工法のなかで適切な工事を御提案いたします。

media news

協賛、寄贈

・朝日新聞社様を通じて小学校の掲示板寄贈を行い子供たちが喜ぶ...

メニューを閉じる